【雑記】劇場版 艦これを鑑賞しました


年末から寝込んでいましたが、起きていられる状態になったので、映画初めを行いした。

今年は「劇場版 艦これ」です。

ネタバレを含むと思うので、見たくない人はお戻りください。

そもそも艦これとは、艦隊これくしょんというソシャゲーを指します。
戦闘艦を擬人化した艦娘を率いる提督になって、戦っていくゲームです。

本映画は、このゲームをTVアニメ化したアニメ版 艦これの続編に位置する作品です。
なので、興味のある人は最低でもアニメで前知識をつけた方がよいです。

というか、初見さん向けの話が一切ないので、アニメ版を観ましょう!

 

肝心の本作の感想ですが、艦これの一提督としては楽しめる作品でした。
たぶん、前述のとおりなんで前知識がないと楽しさは半分以下かな。
映画好きの友人(艦これ知識0)が「よく分からなかった」と言っていたので、そんな感じなんだと思います。

ゲームでも艦娘と深海棲艦との関わりが見え始めて早数年でしたが、明確になりましたね。
イベント戦でボスを撃破したときに聞けるボイスの意味が本作ではよくわかります。
TV版で不遇だった如月ですが、一応救われた形にもなっているのがポイント。
でも、鑑賞中は「如月に何の罪があるんだよ!スタッフさん!!」ってなりながら観ていました。
如月はアニメシリーズを通して、3回殺された形になっているのがちょっと可哀そうな気がしました。
いや、劇中冒頭の戦闘を考えると4回か?

他の方の感想記事でも書かれていましたが、戦闘シーンが良かったと思います。
以前は3DCGを使って描かれていたのを2DCGベースにしたのが良かったのではないでしょうか。
妖精さんたちも裏で頑張っている姿がふんだんに描かれており、提督としては、「妖精さん、いつもありがとう」という気持ちになりました。
長門秘書官の作戦説明の時は思わず目頭が熱くなりましたよ。

ただ、本作のストーリー展開(特に終盤)はよくある展開で面白みに欠けました。
トリガー発動⇒浄化⇒ハッピーエンド の流れはよくありますよね。
ここの展開は本作を観る前から予想していたので、もう一捻りあると非提督視聴者も楽しめたのではないでしょうか?
あと、できればカレー回のような和やかな話を同時上映とかすると喜ばれたと思いますね。(個人的にはこっちも観たい欲がある)

ともあれ、艦これ提督の方にはお勧めできる作品でした。
興味のある方は視聴してみてください。


この記事をシェアする

    Mask_Siva

    北の試される大地に生息しているSEです。
    楽しみながらプログラムを作ったり、ゲームで遊んだりしています。

    コメントをお待ちしております

    HTMLタグは利用できません

    Advertising



    新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

    Twitter

    仮面被り過ぎ@コンプレックス大佐
    @Mask_Siva

    • 追加で購入していた防犯カメラの設定完了。 と言っても安いやつなんでできることは限られてますがね。
      about 5時間 ago
    • これいいなぁ。 https://t.co/ENp0eIGwVK
      about 6時間 ago
    • Mask_Sivaが闇堕ちすると… 主に『腹黒さ』がヤバくなります! https://t.co/0vJFPcYrJQ #闇堕ちしたときのステータス #shindanmaker https://t.co/sQpGvGeK0T 既に一度闇落ちしてますから、腹黒さには定評があります(笑
      about 7時間 ago

    BGM

    自由への進撃(通常盤) - Single
    1 紅蓮の弓矢 -Linked Horizon

    ↓の再生ボタンで再生できます
    色々な楽曲を試聴したいなら
    >>>こちら<<<

    Nico Nico Community

    Calendar

    2020年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    Archive

    My WIsh List

    Amazonで気になっている物をまとめています。

    「これは良かった!」「こっちの方がいいよ!」というものがあれば、教えてください<(_ _)>

    https://amzn.to/3oof0rZ