【ソフトウェア開発】dumpbin


.NET系でアンマネージドなdllを使う時って、

[DllImport(DLLのパス, EntryPoint = "エントリーポイント")]

って、書きますよね。

でも、エントリーポイントが素直に関数名だけじゃなく、後ろに適当な文字列が付加されている場合ってありませんか?

そんなDLLのエントリーポイントを調べるのが「dumpbin」コマンドです。

 

使うためには、Visual Studioのツールが入っている必要がありますが、Express版には付いてきません。
Proなどの製品版についている機能です。

私の場合は、VS2008のProがあるので、これで調べています。

コマンドの使い方ですが、

まず、スタートメニューから「Visual Studio 2008」 → 「Visual Studio Tools」 → 「Visual Studio 2008 コマンド プロンプト」を開きます。

コマンドプロンプトが起動するので、以下のようにコマンドを打ちます。

dumpbin /exports 調べたいdllのパス

これで、dllの中の関数のエントリーポイント一覧が表示されます。

あとは、DllImport時にここで得られたエントリーポイントを記述するだけです。


Mask_Siva

北の試される大地に生息しているSEです。
楽しみながらプログラムを作ったり、ゲームで遊んだりしています。

コメントをお待ちしております

HTMLタグは利用できません

Advertising



新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

Twitter

仮面被り過ぎ@コンプレックス大佐
@Mask_Siva

  • 悲報:同僚に撮ってもらった写真、目閉じてるやつばかりでどれも使えそうにない、、、orz ん~、写真の撮り方をレクチャーしておけばよかったかなぁ。
    about 8時間 ago
  • 今日の打ち上げなう https://t.co/xiwzSG9ZWv
    about 12時間 ago
  • 仕事仲間に「打ち上げやらない?」って言われたよ! まさか彼の口からお誘いくれる日が来るとは思わなかったわ!
    about 13時間 ago

BGM

色々な楽曲を試聴したいなら
>>>こちら<<<

Nico Nico Community

Calendar

2019年2月
« 1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728 

Archive

↓↓Please support me!↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


テストウィジェット