【プログラミング】iniファイル


C#などの.NETでの開発では設定ファイルはXMLを使うことが多い気がしますが、iniファイルも現役で使えますよね。

私の場合、iniファイルの読み込み方法を知らなかったので、いつも手動でセクション探して、次の行をパラメータとして読み込むってのをやっていました。

ただ、本物のiniファイルの場合、パラメータの後ろにコメントを書いてもOKということが分かったので、Windowsでのiniファイル読み書きの方法をメモします。

以下のように関数を使うことで簡単にiniファイルから設定値を得ることができます。

【intで値を得たい場合】

UINT GetPrivateProfileInt(セクション名, キー名, キー名がない場合のデフォルト値, iniファイル名)

MSDN- GetPrivateProfileInt

【文字列で値を得たい場合】

DWORD GetPrivateProfileString(セクション名, キー名, デフォルト文字列, バッファポインタ, バッファサイズ, iniファイル名)

MSDN- GetPrivateProfileString

もし、doubleで取得したい場合は、文字列で取得してatof()などで変換すればよさそうですね。

item=1,2,3,4

のような値が入っている場合でも、文字列で取得してきてstrtok()で要素を分解してやれば取得できますね。

.NETのxml読み込み機能は色々不便を感じていたので、今後開発するアプリではiniファイルを扱うようにしようと思います。
(xml読み込みがもっと手軽にできるようになれば、設定ファイルはxmlで書きたいのが本音ですが。。。)


Mask_Siva

北の試される大地に生息しているSEです。
楽しみながらプログラムを作ったり、ゲームで遊んだりしています。

コメントをお待ちしております

HTMLタグは利用できません

Advertising



新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

Twitter

仮面被り過ぎ@コンプレックス大佐
@Mask_Siva

  • 原因がなんとなく分かった。 空腹だ(笑
    about 7時間 ago
  • やれやれ、今日は心地良く入眠できたのに、なぜか2時間で目が覚めてしまった、、、
    about 7時間 ago
  • 常駐先作業用PC、組み上がりました! M.2 SSDが表面だと認識しなかったりとトラブルもありましたが、2.5インチSSD2基のRAID1化も無事に終わったので一安心です〜。 明日からはOS他のセットアップ! https://t.co/cTN0EfAgbT
    about 13時間 ago

BGM

B'z The Best “ULTRA Pleasure”
12 LOVE PHANTOM -B'z

↓の再生ボタンで再生できます
色々な楽曲を試聴したいなら
>>>こちら<<<

Nico Nico Community

Calendar

2019年12月
« 11月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

Archive

↓↓Please support me!↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


テストウィジェット