【Windows】Windows10カレンダーアプリとiCloudの同期方法


Windows10にデフォルトで入っているカレンダーアプリとiCloudのカレンダーとの同期設定を行いました。
ひと手間必要だったので、方法を紹介します。

 

まず、Windows10標準のカレンダーアプリですが、こちらのアプリが対象になります。

アプリを開くと、WindowsにWindowsアカウントでログインしている場合は紐づいているアカウントのカレンダーがデフォルトで表示されているかと思います。
今回はこれにiCloudのアカウントを紐づけてみましょう。

基本的なアカウントの設定ですが、「設定ボタン」→「アカウントの管理」→「アカウントの追加」を選択します。

ボタンを押下すると、「Outlook」「Google」「iCloud」などの設定メニューが表示されます。
今回は「iCloud」を選択します。

次にメールアドレス、任意メッセージ、パスワードの入力画面が表示されます。

が、ここで注意が必要です。

パスワードにはiCloud側でApp用に設定したパスワードを入力してください!

理由は、Windows10のカレンダーアプリがAppleの二段階認証に非対応なためです。
このため、iCloud上で二段階認証非対応アプリ向けの設定を行う必要があります。

とりあえず、Windows10のカレンダーの設定はこのままにしておいて、以下のリンク先にアクセスしてください。

リンク:https://appleid.apple.com/jp/

このページは、Apple IDの設定を行うサイトです。
分かりやすいように便宜上iCloud上と本記事では書いています。

まずは紐づけたいApple IDでログインをしてください。
二段階認証でiPhoneなどに認証コードが表示されるので、端末を手元に置いておくと良いですね。

ログインして先に進むと、項:セキュリティに「App用パスワード」というものがあります。
ここでアプリ用のパスワードを生成してください。
パスワードの識別名を設定できるので、「Windows10 カレンダー」などの名称を設定しておくと良いです。
パスワードを生成すると表示されるのでコピーしておいてください。

Windows10カレンダーアプリの画面に戻り、「メールアドレス」にはApple IDを「パスワード」には先ほど生成したApp用パスワードを入力します。
「任意のメッセージ」欄にはダミーで何か入れておくと良いと思います。
理由は、iCloud側でログを取っていると思うので、不正アクセスなどがあった際にiCloudに接続したアプリを識別するのに利用できると思うからです。

あとは、サインインボタンを押下し、同期が行われれば完了です。
お疲れ様でした!

今回の設定方法を応用すればiCloudの二段階認証非対応アプリを一層活用できますね~。
iPhoneとパソコンのカレンダーが同期できれば、スケジュールの管理効率は劇的に上がります!
ぜひぜひお試しください。

 


Mask_Siva

北の試される大地に生息しているSEです。
楽しみながらプログラムを作ったり、ゲームで遊んだりしています。

コメントをお待ちしております

HTMLタグは利用できません

Advertising



新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

Twitter

仮面被り過ぎ@コンプレックス大佐
@Mask_Siva

  • 今日、久々に牛乳を買うことに成功しました。 近所のローソン、2本しか在庫なかったよ。。。
    about 31分 ago
  • 出撃までまだ1.5hあるなぁ、、、
    about 4時間 ago
  • 続けて鑑賞しました。 環境クルーや地球残留メンバーが2202につながるであろう感じで描かれてるのが良かった! #Amazon #宇宙戦艦ヤマト 菅生隆之 の #宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 (レンタル版) を Amazon… https://t.co/9nqxJ6grVq
    about 4時間 ago

BGM

シドニア - EP
1 シドニア -angela

↓の再生ボタンで再生できます
色々な楽曲を試聴したいなら
>>>こちら<<<

Nico Nico Community

Calendar

2018年9月
« 8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

Archive

↓↓Please support me!↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


テストウィジェット