Minecraft – サーバー構築編


少し前からMinecraftの製品版で遊んでいるのですが、すっかりハマってしまいました。

今は身内限定でのマルチプレイを楽しんでおります。(私は暇さえあればinしていますが。。。)

今回はサーバーの構築に関してのメモを残したいと思います。
Minecraftサーバーは本サーバーマシン上で動かしますので、Linux(CentOS)前提での構築になります。

【準備編】

まずは、Mincraft公式ページより「minecraft_server.jar」をダウンロードしておきます。
※サーバープログラムは製品版を買っていないと入手できませんので、製品版をお買い求め下さいね。

 

おっと、jarファイルなので、javaが動作する環境かを確かめる必要がありました。
下記のコマンドで、javaが利用できる環境か確認してみてください。

  java -version

バージョンが1.6以上であれば、Minecraftは動作させられます。※1.5でも可能かもしれませんが、将来的に非対応にするとのことです。

javaが対応していない人は、javaを導入してください。yumコマンドをを使えば簡単に導入できるはずです。

 

ダウンロードしておいたjarファイルをサーバーに配置します。
以下のディレクトリを作成して配置することをお勧めします。
mkdir /usr/local/minecraft

上記で作成したディレクトリにjarファイルを配置します。

 

サーバーを動かすためのユーザーを作成します。ここではminecraftというユーザーを登録します。
useradd minecraft -d /usr/local/minecraft

 

次に起動スクリプトの作成です。有志?の方が作成されたサンプルがありますので、使わせていただきましょう。
以下のURLにScriptという項目がありますので、コピペして「minecraft」というファイルを作成します。

http://www.minecraftwiki.net/wiki/Tutorials/Server_startup_script

作成したファイルの必要個所を編集します。

ERVICE=’minecraft_server.jar’  ←サーバープログラム名
OPTIONS=’nogui’  ←GUIで動かすか否か。(今回はCUIに設定)
USERNAME=’minecraft’  ←サーバープログラムの実行ユーザー名
WORLD=’world’  ← ワールド情報の保存先
MCPATH=’/usr/local/minecraft’  ←サーバープログラムの保管先
BACKUPPATH=’/media/remote.share/minecraft.backup’  ←バックアップファイルの保管場所
CPU_COUNT=2 ←使用するCPUのコア数(実行可能なコア数以下にすること)
INVOCATION=”java -Xmx2024M -Xms1024M -XX:+UseConcMarkSweepGC -XX:+CMSIncrementalPacing -XX:ParallelGCThreads=$CPU_COUNT -XX:+AggressiveOpts -jar $SERVICE $OPTIONS” ←javaコマンドのオプション(詳しくはググってみてください)

ちなみにjavaコマンドのXmx はメモリの最大使用量、Xms はメモリの最小使用量を指します。
Mはメガバイトを指しているので削除してしまうと大変なことになりますw

 

編集が終わったら実行権限を付与して、スクリプトを定位置に配置します。

  chmod 755 minecraft  mv minecraft /etc/init.d

 

今回のスクリプトは「screen」というコマンドを使用するためこれもインストールします。

 yum install screen

これでサーバーの設定は完了です。

【サーバー起動編】

さて、さっそくサーバーを起動してみましょう
service minecraft start

これで以下の感じでメッセージが表示されれば起動成功です。
Starting minecraft_server.jar…
minecraft_server.jar is now running.

あとはサーバーが再起動時に自動で起動するように設定します。
chkconfig –add minecraft

停止したい場合は、
service minecraft stop

再起動したい場合は、
service minecraft restart

で停止/起動をすることができます。

あとはクライアントからサーバーにつなぐだけです。

  マルチプレイ → サーバーを追加

  サーバーアドレス欄に、 サーバー名(もしくはIP):ポート番号(デフォルトは25565)

を入力することでプレイできるはずです。

ポート番号などを変更したい場合は、以下のファイルを編集してください。詳細は割愛しますが。。。
/usr/local/minecraft/server.properties

以上です。


Mask_Siva

北の試される大地に生息しているSEです。
楽しみながらプログラムを作ったり、ゲームで遊んだりしています。

  1. 匿名 2015.04.18 9:23am

    forgeサーバーでも使えますか?

    • MaskSiva 2015.05.21 2:47pm

      こんにちは。
      私はForgeサーバーは使ったことが無いので、正直分かりません。。。
      ですが、Bukkitサーバーでは使えます。

      軽く調べた感じだと、Forgeサーバーの起動方法も同じような感じでしたので動くとは思いますよ。

HTMLタグは利用できません

Advertising



新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

Twitter

仮面被り過ぎ@コンプレックス大佐
@Mask_Siva

  • 今日は久々にSaCSS勉強会に来ています。
    about 29分 ago
  • 体調的に行けるか微妙だったけど、今日は久々に社外勉強会行ってきます。
    about 2時間 ago
  • 最近、老害という言葉をよく聞くと思うけど、その言葉に当てはまるのって、日本のバブル期を楽しんできた人たちばかりだと思う今日この頃。 でも、日本経済を支えてくれた人たちであると思うことも添えておきますね。
    about 3時間 ago

BGM

クロノ・トリガー オリジナル・サウンドトラック【DS版】
27 カエルのテーマ (Arrange Version) -光田康典

↓の再生ボタンで再生できます
色々な楽曲を試聴したいなら
>>>こちら<<<

Nico Nico Community

Calendar

2017年11月
« 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

Archive

↓↓Please support me!↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ